自然あふれる北海道はライダーの聖地。ツーリング中に感じる風や香り、暑さや寒さ、そして草木花。
バイクで駆け巡ると世界が広がります。

 

さて、今回は「精油」のお話をしましょう。
アロマテラピーに使われる精油。手に取ってみたことはありますか?
精油が詰められているのは小さな瓶。瓶からの1滴は0.05ml。
植物の成分がぎゅっと凝縮されているので、1滴でもとてもパワフルです。

 

精油は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから芳香物質を抽出した天然の素材で、特有の香りと機能を持っています。
植物が芳香物質を分泌するのは、昆虫や鳥を引き寄せて受粉したり、種子を遠くへ運んでもらうため(=誘引効果)、虫や鳥を遠ざけ摂食されることを防 ぐ(=忌避効果)、カビや有害な菌が植物に発生するのを防ぐ(=抗真菌・抗菌効果)などの理由があります。

 

例えば、忌避効果の成分を持つ植物からの精油は「虫よけ」に。アロマテラピースクールで、レモングラス精油を嗅いだ生徒さんが「キャンプで使う虫よけキャンドルの香り」と感じました。その香りの正体は忌避効果の芳香物質、植物が作った虫を遠ざける香り。こうして、植物の作る芳香物質を知り上手に安全に利用するのがアロマテラピーなのです。
 

バイクもアロマテラピーも「扱い方」を知ると世界が広がり、楽しみが増えます。興味があることをより深めるのも素敵なことですね。

2015-8rosa

 

優box~アロマテラピーサロン・アロマテラピースクール

サロンHPhttp://youbox-salon.com/
スクールHP http://youbox.jp/

小野美樹プロフィール
AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター
優box主宰(2008年~)
「アロマテラピーのある暮らし」を楽しく伝えるために日々奮闘中。
2015年7月、道南初のAEAJ資格認定校としてアロマテラピースクールを開校。

********

2015年8月発行 Ran 掲載コラムより

連載コラム バックナンバーはこちら