冬の始まりを迎えました。色とりどりの植物の世界も白一色に染まる季節です。

先月からの続き、大脳辺縁系が香りを感じることで、心身の変化がどうなるかというお話です。ストレスのことを例にお話しましょう。

 

ストレスはまず、大脳皮質(=考える脳)でどうにもならないことを認識し、そこから中心部分の身体の機能をつかさどる大脳辺縁系に伝えられます。

大脳辺縁系には、心のバランス(視床下部=自律神経の場所)や体の機能をコントロールする場所(下垂体=ホルモン分泌の場所)があります。私たちが眠っている間も楽しい時間を過ごしているときも、無意識で身体を機能させてくれている大脳辺縁系。そこにストレスが伝わると・・・視床下部や下垂体に影響し、心身を揺さぶり、そして自律神経やホルモン分泌のバランスを崩すことになるでしょう。

 

嗅覚は直接大脳辺縁系へ到達すると前回お話ししましたね。香りは、大脳辺縁系を「幸せな状態(=安定した状態)」にしてくれます。安定した状態の大脳辺縁系はストレスを上手く解消できるようになります。香りがストレスケアをサポートする、アロマテラピーは嗅覚をうまく利用し、香りの脳への作用を活用した癒しの方法なのです。

現在では、医療・福祉・介護・教育・美容などのさまざまな分野で取り入れられ身近なものとなりはじめています。

 

香りある暮らしの楽しさ、植物や自然の素晴らしさを知っていただきたいと思いコラムを連載させていただきました。今回で最終回となります。お付き合いくださいましてありがとうございました。

皆さまにアロマテラピーを身近に感じていただけますよう心より願っております。これからも香りある暮らしをどうぞお楽しみくださいね。

 

11350405_646294925505685_5401861894018785819_n

 

優box~アロマテラピーサロン・アロマテラピースクール
サロンHP http://youbox-salon.com/
スクールHP http://youbox.jp/小野美樹プロフィール
AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター
優box主宰(2008年~)
「アロマテラピーのある暮らし」を楽しく伝えるために日々奮闘中。
2015年7月、道南初のAEAJ資格認定校としてアロマテラピースクールを開校。

********

2015年9月発行 Ran 掲載コラムより

連載コラム バックナンバーはこちら